第508条修正サービス

第508条コンプライアンスとは?

アクセシビリティの向上

米国のリハビリテーション法第508条は、連邦資金の提供を受けている企業が身体障害者でもデジタルコンテンツにアクセスできるようにすることを義務付ける連邦法です。

2018年1月に全面的に施行されましたが、同法では、連邦資金の支援を受けている機関すべてが、身体障害者に対し、ウェブサイト、電子コミュニケーション、登録フォーム、その他あらゆるEコンテンツなどのデジタルコミュニケーションに対する同等なアクセスを提供することを義務付けています。

508条の対象は、行政機関、マネージドヘルスケア(Managed Healthcare)、金融機関、教育機関、関連の民間セクターのウェブサイトに及びます。

第508条の対象となるコンテンツのタイプ

オンラインコンテンツおよびコミュニケーションすべてに、あらゆる人が問題なくアクセスできなければなりません。 これには以下が含まれます(しかし、以下に限定されません)。

  • Eメールおよび添付ファイルなどの電子ドキュメント
  • ソフトウェアおよびハードウェア
  • CMSのために開発されたアプリケーション
  • CMS目的で開発されたウェブサイト
  • オンラインフォーム
  • ビデオ
  • 学習アプリケーション

規制準拠

508条に準拠するためには、あらゆるオンラインおよび電子コンテンツが、英語およびその他関連言語すべてで、視覚および聴覚障害者が容易にアクセスできることを保証する必要があります。

例えば、以下が必要になります。

  • コンテンツのアクセスとナビゲーション方法を複数用意すること - 音声と視覚
  • コンテンツを読みやすくすること - フォントの拡大、はっきりした色
  • ウェブページが、予測しやすい方法で表示、操作できること
  • 支援技術との互換性を最大限に高めること

複数言語におけるアクセシビリティ対応方法

当社はお客様のアクセシビリティに関するあらゆるニーズに対応し、正確で、包括的なコスト効率の高いパッケージを提供して、すべてのコンテンツと言語でコンプライアンスを達成します。

当社は5つのステップでコンプライアンスを保証します:

  • タグ構造 - テーブルおよびリスト要素のタグ構造の一貫性
  • 論理的な読み上げ順序 - 支援技術の読み上げのために、ドキュメントをタグ階層と一致した論理的な読み上げ順序にします
  • 順序パネル検証 - PDFのコンテンツのすべてがタグ付きまたはアーチファクトのいずれかであることを確認します
  • 品質チェック - 電子的および手作業の両方で、それぞれ個別の専門チームが実施します
  • コンテンツの整合性 - 統合された電子フロー(有効なURL、リンク、TOCを含みます)

 第504条および第508条に準拠して当社が提供するドキュメントのタイプ

アクセシビリティは電子ファイルに限定されません。 第504条に基づくハードコピーのコンテンツもすべて対応します。

点字
  • 2つのグレードで表記します。 グレード1は、英国聴神経腫瘍協会(BANA)の規格を満たし、グレード2は、ブライユおよび統一英語点字コード(UEB)の規格を満たします
  • 最終成果物: 点字印字版。
大活字版
  • フォントサイズを大きくして、読みやすく、見やすくします
  • Wordまたはテキスト形式で電子的に送信されたファイルはコスト効率が最も優れています
音声
  • テキストからスピーチ(TTS)またはライブリーダー
  • 最終成果物は、オーディオCD、MP3、またはフラッシュドライブです
  • あらゆるターゲット言語
  • 最終成果物はアクセシブルなPDFです
  • コストとターンアラウンドは必要な規格とフォーマットに応じて変わります
デジタルアクセシブル
  • コンテンツは適切に体系化され、タグ付けされて、完全なアクセシビリティのスクリーン読み上げソフトウェアを提供します
  • ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン(WCAG)および第508条コンプライアンスの規格を満たすためのドキュメント修正のソリューション

私たちの約束

当社のアクセシビリティと言語の専門知識は、お客様が世界各地の消費者にさらに大きな価値をもたらされるようにサポートします。